RESERVATION/問い合わせ

COLUMN

numero32

海外ドラマ「ハンニバル」

 

映画「羊たちの沈黙」の登場人物、ハンニバル・レクターを描く、

映画版をオマージュした新しいストーリーのドラマです。

 

 

自分は以前からこのレクター博士に興味と憧れを持っています。

(こういう風に書くと結構な誤解を招く恐れもありますけど。。。)

 

映画ではアンソニー・ホプキンス、

そしてドラマ「ハンニバル」ではマッツ・ミケルセンが演じています。

 

アンソニー・ホプキンスにしても、マッツ・ミケルセンにしても、

とにかく、レクター博士は「魅力的」

 

職業は精神科医で、超美食家。料理もプロ級。

特にドラマ版ではその調理場面と食事場面が一つの見どころ。

 

「レクター博士の調理&食事風景」

というと、彼の本性や癖(へき)を知っているかたには「オエッ!」となる場面なのですが、

これがとても優美で、どの料理も美しい。

殺人鬼という面と同居している人格とはいえ、とにかく素敵な人物なのです。

 

 

えー、まあ、かなりキツイ場面(グロい)が多いので決してオススメ出来るドラマではないです。

モザイク無しの殺人現場や殺人場面が盛り沢山。

自分は平気だけど、フツウの人はあまりにもリアル過ぎて見れないと思う・・・

 

 

海外ドラマは初めて見ているのですが、クオリティーがすごい。

シーズン①からシーズン③まで、

各シーズン13話で各45分の「超長編映画」を見ているようです。

 

既にシーズン③の後半ですが、いやー、、、眠れない。

 

怖くて?

いいえ、

続きが見たくて。。。

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。