RESERVATION/問い合わせ

COLUMN

numero86

 

中級以上のサイクリストにとって100kmライドはフツウらしいのですが、

自分はまだ初心者マークを貼って走りたい、ビギナー。

 

ビンディングシューズという、ペダルと足を固定するシューズでもなく、

サイクリストの常識というレーパン、いわゆるあの「股間もっ〇りピチピチパンツ」

も、恥ずかしくてまだ履けていまへん。

 

20km以上の走行も未経験なもんで、

初心者マークを外すにはまず100kmを走破しなくてはいけないらしいのですよ、、、

 

とはいえ、このダラけた身体です。

積年の運動不足は否めないし、いきなり100kmなんて絶対に不可能。

まずは50kmを目標にライドをしようと計画しました。

 

タイミング良く「和歌山サイクルトレイン」が開始したと聞き、休日。

自宅から3分の最寄り無人駅から自転車と一緒に乗車。

この和歌山サイクルトレイン。輪行なしで電車にそのまま乗れちゃいます。

*輪行(自転車を分解して完全に袋に入れること)

 

祝日で朝7時台の電車。

通学通勤の人もいないだろうし、

こんなローカル線に乗る乗客はほとんどいないだろうと思ったら、

なんとまあ、同じこと考えているサイクリストだらけやないかい。

しかも皆さん、いわゆる「ガチ勢」

 

20年くらいに前に作った都内のPASMOがまだ使えるか不安になりながら、

何とかかんとか乗車完了。

皆さんの冷たい?視線を受けながらロードバイクを置ける場所を探しました。

 

ただ周りはグループライドのガチ勢ばかり。

そんな中で孤独な初心者サイクリスト直樹。。。

 

一体何年振りかも分からないきのくに線(多分高校時代の部活での遠征以来)を

満喫する余裕も全くなく、

まるで獅子の檻に入れられた猫みたいに気配を消して・・・

 

否!!

「初心者だろうが同じサイクリストやないかい!文句あっか!?」

と、折れそうな心を意味なく鼓舞し、

意味なく余裕顔でバイクを点検してみたりしながら、

電車に揺られ30分。

まだ降りそうにない獅子達の間を深々と会釈しながら通り抜け、

無事、周参見駅で下車。

この時点で既に変な汗がだくだく・・・

 

いざ、本日の目標、山奥の村「佐本」にある祖父の家までのライド。

ヒルクライム付き往復35キロ。

果たして登れるのか?!

 

さて、、、

 

~つづく~

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。