RESERVATION/問い合わせ

COLUMN

numero 3

 

レッゾを建築する際に一番悩んだのが前面の外壁の素材。

つまり外観です。

 

当初、設計事務所から提案されていたのはレンガ、もしくはガルバリウム鋼板でしたが、

パースを何度見てもしっくりとこない。

 

随分悩みました。

 

 

「Rezzo」と大きな看板を付けるつもりはなかったので、

ファサードそのものをサイン(看板)として機能させるデザインが必要でした。

 

そしてその為に不可欠だと考えていたのが、

植栽です。

 

 

新店舗の建築にあたって最も重要視していたのが、この植栽計画。

 

建物の形が決定してから、木の種類、木の高さ、植える場所、枝の方向、etc、、、

建物とのバランスを考え、自分で何度も何度もスケッチ画を描きました。

 

色々な造園会社に相談しましたが、やはり背の高い高木の取り扱いが、無い。

 

困り果てて飛び込んだ隣町の「庭工房」さんが、

「丁度良い高木を山に植えています。それを使いましょう!」と、話しはグングンと進みました。

 

 

植栽は決まった。

さてファサードをどうするか・・・

 

最終的に決断したのが、ウッドを使った現在のファサードです。

 

 

レッゾの前面道路は世界遺産、熊野古道や南紀白浜への観光客も多く通る田辺バイパス道路。

この紀南地方の自然という景観を極力損なわないよう、「木」を使うことにしました。

 

もちろん木は色落ち、腐食等の心配と付き合っていかなければいけませんが、

経年劣化による変化を愉しもうと捉えようと。

 

そして何より、

イメージしていた高木とのバランスがとても良かった。

 

建築して4年が経ち、ファサードのレッドシダーの塗装も少し色褪せてきたようにも感じています。

 

しかし退色しても悪い色味では無さそうです。

防腐処理はそろそろしないといけないのかもしれませんね。

 

 

今の時期、植栽のメインである高木のモミジが真っ赤に紅葉しています。

 

それに呼応するように植えてあるアオダモ。

葉はないですが、その枝ぶりもとても美しい。

 

ここからはモミジの落ち葉との戦いです。

 

 

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。